■ エルデ楽器の工房について


エルデ楽器の工房

ようこそ。ここは、「フレットバイオリン」を専門に扱う国内で唯一の楽器工房です。工房は、千葉県は鎌ヶ谷市にあります。

バイオリンにフレットを打つ他、5弦や6弦としった多弦化、エレキ化、装飾加工といったカスタム楽器制作も手掛けています。また、一般の楽器店ではあまり見かけない珍しい楽器の製作や修理の依頼を受けています。オリジナルの楽器制作も自主的に企画しています。

工房長: 瀬田直弘(せた なおひろ)

はじめまして!

かれこれ20年ちかく、フレットバイオリンの開発を手掛けています。楽器制作は、『ハーディーガーディー』と呼ばれる機械楽器の自作がきっかけです。現在でも機械楽器のような珍しいジャンルの楽器が好きで、ニッケルハルパなどのメンテナンスを手掛けています。

楽器制作に限らず、様々なモノ・コトを創造することをライフワークにしております。今のところ最大の作品は、一級建築士である父の設計で建築した木造家屋――現在の住居、およびこの工房――です。

工房のコンセプト『アマチュアのミュージシャンを応援する』

バイオリンは、クラシックの代表的な楽器とされ、とかく高価で敷居が高くなりがちです。アマチュアのミュージシャンを応援するため、この伝統的なバイオリンの世界から一歩踏み出し、現代ならではの制作技術で、精密かつ廉価な楽器をデザインしています。



品質と価格のバランス

アマチュアのミュージシャンを応援する上で、最も気を使っているのが品質と価格のバランスです。具体的には、プレイヤーの上達度に応じて必要とする楽器のパフォーマンスを明確に定義して、その中でギリギリの低価格を見極めて製品をデザインしています。そのために、バイオリン奏者の方をはじめ、周りのミュージシャンの方々に何度もリサーチをかけています。お陰さまで、プレイヤーの立場から見た最大のコスト・パフォーマンスを実現できていると自負しております。プレイヤーの皆さま、いつも、ご協力ありがとうございます。

販売スタイル

開発した商品を小ロットで販売するのが、当工房のスタイルです。小ロット故に、すぐに品切れする可能性がございます。ご了承ください。

現在、ウェブ上で予約販売を検討中です。予約販売が実現するまでは、メールでお知らせくだされば、生産状況をお知らせいたします。

プロユースの楽器制作

伝統から一歩踏み出した楽器は、プロのミュージシャンの方々にも注目されるようになってきました。この写真は、中西俊博さんが演奏されている6弦エレキフレットバイオリンです。エルデ楽器が、フレットバイオリン化し、ピックアップの改造を手がけました。

ブログ「エルデ楽器の工房ノート」では、工房長のプライベートな活動、制作過程やイベント企画を紹介しています。